World Peace Bell Association

 ワールドピースベル協会

 

The World Peace Bell Prize 

Tokyo office 

世界平和の鐘賞 

東京事務所

 

​組織の概要

当団体の沿革とその趣旨

1954年(昭和29年)ニューヨークの国連本部に戦争の悲惨さ、平和の尊さ、核戦争の廃絶を訴えるため、当時の愛媛県宇和島市長が国連加盟国65か国のコインから鋳造した「世界平和の鐘」を国連に寄付しました。その趣旨を継承するために1982年(昭和57年)4月に国連の「鐘」と同じ趣旨の鐘(106か国のコインで鋳造)を全世界に寄贈、世界平和の日を定め、鐘の音に核廃絶、世界は一つを訴え世界各国との相互理解を深めるためにNGO World Peace Bell Association, NGO ワールドピースベル協会は設立されました。

​Organization overview

History and purpose of our organization

 

1954 (Showa 29), in order to appeal to the United Nations headquarters in New York about the misery of war, the value of peace, and the abolition of nuclear war, the mayor of Uwajima, Ehime prefecture at that time donated "World The Bell of Peace" to the United Nations, having cast from coins of 65 UN member countries. For the purpose of carrying on that purpose of the bell installed at United Nations, the World Peace Bell Association was established to appeal to the world and to deepen mutual understanding with countries around the world by donating a bell which cast with coins of 106 countries. 

1_RE_edited_edited.jpg
 

コーフィー=アナン国連事務総長が1997年の国連総会開会日にWPBの鐘打式を行う。

Secretary General Kofi Anan rang WPB at United Nations on the day of opening General Assembly session in September 1997.

活動履歴

ADAM7 .jpg

​2017年に設置されたイスラエルのロッド市内のアダムキャンパス内のWPB 

WPB installed at Adam Campus, Lod city, Israel in 2017.

                           

              2020年にアンゴラ共和国首都ルアンダ市の法務省中庭に設置されたWPB​

​        WPB was installed at courtyard of Ministry of Justice, Luanda, the Republic of Angola in 2020.

                                                供給実績                                               

「世界平和の鐘」寄贈され設置した場所と設置年月は下記のとおりです。

​​(海外)

1)アメリカ 国連本部 1954年6月
4)ドイツ ベルリン市フォルックス公園 1989年9月

5)ポーランド ワルシャワ市公園 1989年9月

6)トルコ アンカラ市シンナーガーデン 1989年9月)

8)オーストラリア ニューサウスウェルス州カウラ市役所前 1990年11月

9)カナダ オタワ市 市役所中庭 1990年12月

10)メキシコ市カイノールアル・パルケリラ公園 1991年10月

11)モンゴル ウランバートル市の公園 1991年10月

12)ブラジル ブラジリア市ホリステイク国際大学 1994年7月

13)フィリピン マニラ ケソンメモリアル公園 1994年7月

14)アルゼンチン ブエノスアイレスの日本庭園 1994年7月

15)エクアドル キトー市 ラ・カロリーナパーク 1997年4月

16)アメリカ ロサンゼルス市マグアイア図書館 2001年1月

17)スペイン アルコベンダアス公園 2003年2月

18)ウズベキスタン タシケント市パプール公園 2003年4月

20)ニュージーランド クライストチャーチ氏 ボタニック公園 2006年10月

21)ポーランド ワルシャワ市 モコトウ文化センター 2016年9月

23)オーストラリア キャンベラ市奈良平和公園 2018年2月

24)イスラエル ロッド市 アダムキャンパス 2017年12月

25)ガーナ クマシ市 王宮内 2018年 1月

26)アンゴラ ルワンダ市 司法省中庭 2020年 11月

27)サンマリノ サンマリノ シテイセンター 2021年6月

(日本国内)

2)北道道稚内市宗谷岬 1988年6月

3)沖縄県石垣市平和公園 1988年6月

7)大阪市鶴見緑地公園内 1990年3月

19)兵庫県尼崎市元浜緑地公園内 2005年9月

22)滋賀県大津市比叡山延暦寺根本中堂 2007年8月

Supply Record

The place and date of the installation of the "World Peace Bell'' are as follows.

 

(Overseas)

​1) United Nations Headquarters, June 1954
4) Germany, Volks park, Berlin, September 1989

5) Poland, Warsaw, Municipal Park, September 1989 (stolen)

6) Turkey, Ankara City, Cinnah Caddesi, Cankay, September 1989)

8) Australia, in front of Cowra City Hall, NSW, November 1990

9) Canada, Ottawa City Hall Courtyard December 1990

10) Mexico, al-Parquerilla Park, October 1991

11) Mongolia, City Park, October 1991

12) Brazil, International Holistic University, Brasilia City, July 1994

13) Philippines, Quezon Memorial Park, Quezon city, July 1994

14) Argentina, Japanese Garden in Buenos Aires, July 1994

15) Ecuador, La Carolina Park, Quito City, April 1997

16) USA, Los Angeles City, Maguaia Library, January 2001

17) Spain, Alcobendas City Park, February 2003

18) Uzbekistan, Tashkent City, Babur Park, April 2003

20) New Zealand, Christchurch, Botanic Park, October 2006

21) Poland, Warsaw, Mokotow Cultural Center, September 2016

23) Australia, Nara Peace Park, Canberra, February 2018

24) Israel, Adam Campus, Lod City, December 2017

25) Ghana, Royal Palace, Kumasi City, January 2018

26) Angola, Ministry of Justice, Luanda City, November 2020

27) San Marino, San Marino City Center, June 2021

(In Japan)

2) Cape Soya, Wakkanai City, North Road, June 1988

3) Ishigaki City Peace Park, Okinawa, June 1988

7) Osaka City Tsurumi Ryokuchi Park March 1990

19) Motohama Ryokuchi Park, Amagasaki City, Hyogo Prefecture, September 2005

22) Hieizan Enryakuji Temple Nehonchudo, Otsu City, Shiga, August 2007

 

RSSR2971 (2).JPG
KUmasibell 1 (1).jpg

2018年に設置されたガーナ共和国クマシ市王宮内のWPB (アフリカ最初のWPB)

WPB installed at Royal Palace, Kumasi city, the Republic of Ghana in 2018, first WPB in African continent

​ワールドピースベル協会(世界平和の鐘協会)の趣旨

■「世界平和の鐘」とは:

政治、宗教、思想、信条、人種的隔たりを超えて世界人類のもっとも不幸でり罪悪である戦争を地球から一掃し、核の恐怖を知り、その廃絶を訴えるものであります。また国際交流を行い、世界各国との相互理解を深め、見識や文化を高め、豊かな愛のある世界平和の輪を広めていくことを趣旨として設立されたものです。

■世界平和の鐘協会の活動:

世界103か国から賛同を得てコインやメダルの提供を受け、鋳造された「世界平和の鐘」を世界各国に寄贈し、各国の首都に設置する。合わせて当会の各国支部を設置してグローバルな世界平和運動を展開していく。

​毎年開催される国連総会開会日の「世界平和の日」に国連での鐘打式に合わせて各国に設置されている「世界平和の鐘」を打ち鳴らして各国支部と連携してグローバルな世界平和運動を展開していくものであります。

​運動方針:

●国連加盟国、非加盟国も含め、すべての国からコイン・メダルの提供を受けられるように各国に呼び掛ける。世界各国の首都に「世界平和の鐘」を設置し、同時に支部組織を作り世界は一つの思想を実践する。

●各国に設置された「世界平和の鐘」を中心に国際交流を深め、世界平和に対する国際貢献の実を上げる。

●ワールドピースニュースを発行し、各国大使館、会員及び支援団体に活動報告を行い、運動の拡大活性化を図る。

Purpose of NGO World Peace Bell Association 

■ What is the “World Peace Bell”:

We seeks to abolish the war, which is the most unlucky and guilty of humankind in the world, beyond the politics, religion, thought, philosophy, and racial gaps, knows the fear of nuclear weapons, and appeals for its abolition. The association was established with the aim of conducting international exchanges, deepening mutual understanding with other countries around the world, enhancing knowledge and culture, and spreading the circle of world peace with abundant love.

■ Movement of the World Peace Bell:

With the support of 103 countries around the world, coins and medals were provided, and the cast "World Peace Bell" was donated to the countries around the world and set up in the capital of each country. At the same time, we will set up our branch office in each country to develop a global world peace movements.

​On the day of World Peace Day, which is held every year on the day of the opening of the UN General Assembly, ringing the “World Peace Bell'' that has been set up in each country in response to the bell-ringing ceremony at the United Nations, It is a world peace movement.

Movement policy:

● To encourage each country to donate coins and medals to the association from all countries including UN member countries and non-member countries. The "World Peace Bell" is basically set up in the capital of each country around the world, and at the same time, at the place where WPB is installed, a branch office is created to put the world into the activity.

● To deepen international exchange centered on the “World Peace Bell” established in each country and raise the fruits of international contribution to world peace.

● To publish ''World Peace News'' and report activities to embassies, members and support groups in each country to expand and revitalize this movement.

5_RE_edited.jpg

比叡山延暦寺に設置されたあるワールドピースベル: (毎年8月上旬に行われる世界宗教サミットhttp://www.tendai.or.jp/summit/index.htmlで鐘打される。)そこでは仏教をはじめ、神道、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教など世界のあらゆる宗教の指導者が参席される。)

World Peace Bell installed at Hieizan Enryakuji Temple where World Religious Summit will be taken place on every early August. Leader of the religion in the world, including Buddhism, Shinto, Christianity, Islam, and Judaism will be present at this summit.

http://www.tendai.or.jp/summit/index.html 

「世界平和の鐘」賞

T H E  W O R L D  P E A C E B E L L  P R I Z E

「世界平和の鐘」賞:

「世界平和の鐘」の趣旨を追求すべく、毎年、平和の普及の進展を達成と共同で発展させることに努力してきたコミュニティに対する賞を設けます。この賞を通して私たちは暴力の終焉と公正で平和な社会の促進、革新的で勇敢で刺激的なイニシアチブを祝うことで世界のその他の地域のための光の導き手になることができる世界的な目標を前進させるよう努めます。

 

賞は数年間にわたって、積極的に貢献する能力を示すことができたこれらの資質を実証した上記で定義された平和と発展に寄与したコミュニティに与えられます。この賞は世界平和の鐘のコミュニティへの寄付とそのコミュニテイによって現場の設置に関するガイダンスで成り立っています。

 

世界平和の鐘賞は、現場での設置のすべての側面を促進し、世界平和の鐘+鐘楼+支持構造の建設も供給します。ベルは少なくとも年に1回、9月21日の国際平和デーの鐘打式を行ってもらいます。世界平和の鐘賞は、積極的にお互いに耳を傾けるために人々を集める伝統を創造しながら、世界中の関連のあるイベントの情報を供給します。

申請は、あらゆる規模のあらゆるコミュニティまたは共同体に対して開かれています。世界中のあらゆる場所で申請できその手続きは可能な限り簡単になります。それはお金のあるなしに関係なく、文化的および言語的背景に関わりなく、すべての団体に対して本当に開かれていることを保証されています。世界平和の鐘賞は毎年恒例のコミュニティ賞です。それまで努力して達成された進歩、平和の普及と共同で発展させてきたことのメリットに対して毎年厳格に与えられます。賞選考委員会は上記の基準に合致する適切と思われる数の世界平和の鐘賞を供給します。

組織:

「世界平和の鐘賞」は登録された慈善事業として管理されます。管理チームのほかに、2つのレベルの選択委員会があります。(一つ目は)プロのアドバイザーのグループが評価を行います。あらゆる提案およびその適合性に関してアドバイスし、どの提案が良いか、誰に賞を授与するかを決定する委員会。理事会は7〜9名の有名なメンバーで構成されます。誰が平和の進歩と擁護にコミットメントを実証したか、で選定されます。さまざまな大陸から、多様で多様な専門的および知的背景、例えば:科学者、エンジニア、アーティスト、政治家、ジャーナリスト、エコノミスト、ミュージシャンと環境保護者からなります。すべての年齢層と性別で、委員会は均等に分割されます。組織の重要なコンポーネントは、そのオンラインで交信されます。組織はウェブサイト経由で通信します。

この組織は最初から軽量で多言語になるように設計されているため、世界中で利用でき、帯域幅の狭い場所でも利用できます。接続の速度が遅いため、どの言語の優位性も引き継がれないため、暗黙の「文化的スクリーニング」バイアスを防ぎます。

同時に、「世界平和の鐘賞」は、平和の鐘の実際の設置だけでなく、コミュニティの物語を伝えることによって「世界平和の鐘賞」受賞者が積極的に関与することを意味します。

受賞したコミュニティと一緒に、特に準備されたビデオ、マスコミの記事、ソーシャルメディア、印刷出版物メッセージを発信します。世界平和の鐘賞は、それを受賞したコミュニテイが世界中で広く認められるよう努めます。

手続き:

賞品は毎年9月21日の国際デーで発表されます。「世界平和の鐘」の申請書は一年中いつでも提出できますが、どの年でもその年の賞申し込み申請の締め切りは、発表の6か月前(3月21日)になります。それ以降に受け取った申請は、翌年になります。

THE WORLD PEACE BELL PRIZE:

For the purpose of attaining the above concept, this is the purpose of the Wo r l d Peace Bell Prize : to offer an annual prize for communities that have striven for and achieved progress in the dissemination of peace and communal development. Through this prize we strive to advance the global goal of ending violence and promoting just and peaceful societies by celebrating innovative, brave and inspiring initiatives that can become beacons of light for the rest of the world.

 

The prize will be given to a community that has demonstrated these qualities over a period of several years and can demonstrate its ability to actively contribute to peace and development as defined above. The prize will consist of a donation to the community of a World Peace Bell and guidance regarding its installation on a site coordinated by the community. The WPB Prize will also facilitate all aspects of the on-site installation and construction of the bell’s house or supporting structure.

 

The bell will be used at least once a year in the ringing ceremony on 21 September, the International Day of Peace. The WPB Prize will provide ideas for possible content for events around the world, creating a tradition that invites people to gather, express, discuss, and most importantly, to actively listen to each other. Application will be open to any community or communal body, of any size and in any location around the world.

 

The application process will be made as simple as possible so as to ensure that it is genuinely open to all, regardless of financial resources or cultural and linguistic backgrounds. Prizes will be given strictly upon merit and each year the Prize Board will offer as many WPB prizes as it deems fit, providing they meet the above mentioned criteria.

THE ORGANIZATION:

The WPB Prizes will be administered as a registered charity. Besides the administrative team, there will a selection committee with two levels: a group of professional Advisors will review and assess each and every proposal and advise on its suitability, before passing every successful application on to the P r i z e board who will decide to whom to grant the prize. The board will be comprised of seven to nine renowned figures who have demonstrated their commitment to the advancement and advocacy of peace.

 

They will be chosen from different continents and from diverse and varied professional and intellectual backgrounds, e.g.: scientists, engineers, artists, politicians, journalists, economists, musicians and environmentalists. All age groups will be represented and the committee will be split equally among the sexes. A key component of the organization will be its online presence.

 

The organization will communicate via a website that will be designed from its inception to be lightweight and multi-lingual, so that it will be available throughout the world and even to places with small bandwidths and slow connections so as not to assume the primacy of any language and thus to prevent implicit ‘cultural screening’ bias. At the same time, WPB Prizes will propagate its message not only through the actual installation of Peace Bells, but also by telling the story of the communities who have earned the Prize.

 

This means that WPB Prizes will actively engage with the prize-wining communities and disseminate their message through specially prepared videos, articles in the press, social media and print publications. The WPB Prize will strive to obtain widespread recognition for the prize-winning communities and will seek permission from the United Nations for a location near the UN New York headquarters bell that will mention the communities that have received the WPB Prize.

PROCEDURE:

The prizes will be announced every year on 21 September, the International Day of Peace. Applications can be submitted at any time of the year, but in any given year the cut-off point for that year’s prize will be six months prior to the announcement date (21 March). Applications received after that will be considered for the following year.

 

国連本部に設置されている「世界平和の鐘」はウータント事務総長時代までは打ち鳴らされていましたがその後風化され打ち鳴らされないままになっていました。1982年デ・クエヤル事務総長時代に、当会は国連に寄贈した平和の鐘の趣旨を根気よく訴え、鐘打してもらうべく要請書を亭主するなどした結果、その結果が実り1991年ガリ事務総長時代になって、毎年9月の国連総会開会日をインターナショナルピースデイ(国際平和の日)と定められ、

毎年事務総長が鐘打式を開催し、世界中に平和のメッセージが発信されることが慣例になりました。

その後2001年9月7日の国連総会で世界平和の日(International Day of Peace)は毎年9月21日に決定されました。その日は世界的な紛争の停戦日そして暴力のない日として認定し、一日中戦闘を中止することをすべての国々そして人々に訴える日とすることが国連総会の57番目の会期中に決議されました。

​人類共通の願いである平和の象徴としての「世界平和の鐘」は、世界各国に寄贈され、平和を目で見て、音で聴き、世界平和の大切さ、核廃絶、世界は一つを訴える大きな役割を果たしてきています。

Activity history

The "World Peace Bell" installed at the United Nations Headquarters had been ringing until the time of Secretary-General U Thant, but since then it has been disused and has not been rung. In 1982, during the time of Secretary-General de Cuéllar, the World Peace Bell Association persistently appealed for the purpose of the World Peace Bell donated to the United Nations and sent request letters to the Secretary General to request to ring the bell, then finally, Secretary General Ghali decided that the opening date of the United Nations General Assembly in September was set as the International Peace Day. Then after It has become a custom that the Secretary-General holds a bell-striking ceremony every year on the opening date of the United Nations General Assembly in September to send a message of peace to the world.

Afterwards, at the United Nations General Assembly on September 7, 2001 the United Nations set the International Day of Peace on September 21, every year. During the 57th session of the UN General Assembly, the day was identified as a ceasefire-free and violence-free day of global conflict, and a day to call on all nations and people to stop fighting all day long.

The World Peace Bell, a symbol of peace, which is a common wish of humankind, has been donated to each country of the world and has been playing a big role to appeal to the abolition of nuclear weapons, and slogan that the world is one. We can see the symbol of peace and listen to the sound of peace.

 
 

お問い合わせ
Inquiry

ワールドピースベル協会 東京本部

(「世界平和の鐘」賞 東京事務所)

東京都中央区八丁堀4-10-2八丁堀ビル5階

World Peace Bell Association, Tokyo Head Quarter

(World Peace Bell Prize, Tokyo Office)
5F Hatchobori Building, 4-10-2 Hatchobori, Chuo-ku, Tokyo, Japan.

email address: info@wpbatokyo.com

☎:03-6280-2366

Fax: 03-6280-2367

送信が完了しました。

会員募集:

当会は設立以来一貫として、世界平和を願い「世界平和の鐘」の音の響きに託し、全世界に平和が訪れることを願って、国連憲章に基づいた平和運動を展開しております。より多くの団体・個人の方々に参加をしていただきたく、会員の募集をいたします。是非当会の趣旨にご賛同をいただき、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

Admission to the Association:

Since it was established, the Association has consistently committed to the sound of the "World Peace Bell" in hope of world peace, and in the hope that peace will come to the whole world, we are developing a peace activity based on the UN Charter. We are accepting your admission so that more groups and individuals can participate into our activity. We kindly ask for your support and cooperation.